プランを組んでテクニカルな投資を

もしこの先どのようにチャートが変動していくのかが分かるのであれば、投資プランを考える必要はありません。上がるのであれば買い、下がるのであれば売ればいいだけであるためです。しかし、完全に今後のチャート変動を知るための方法と言うのは存在していません。そのために、テクニカルな方法を使いつつ、投資プランを練っていく必要があるわけです。それでは、テクニカルな投資の方法としてはどのようなものがあるでしょうか。

基本的な方法の1つとして、インデックス投資があります。これはチャートを見つつ、その動きに合わせて投資を行う方法です。参考にするのは例えば日経平均株価指数などでしょう。これを見ると、日本国内の株価の動きが全体としてどのようになっているのか、ということを知ることが出来ます。これに合わせて、上がっている状況なら買い、下がっている状態なら売ることによって合わせで利益を得ようとするわけです。最初に動くわけではないため、逆に振れてしまう可能性が低くリスクを抑えることが出来るでしょう。

日経平均株価指数に関する情報はこのサイトが参考になると思います。→日経225情報局


さらに、ろうそく足チャート等を利用すると、その後の値動きについて予測することも出来るようになります。これらの情報は証券会社などから提示されます。

Posted by admin in 日経225 | Trackback

コメントを残す

  Some XHTML allowed.