過去を知ることが未来を知ることになる

株式投資における必勝法があるとしたら、どのようなことだと思いますか?もしこの先、どのように株価が動くのかを完全に見抜くことが出来たのであれば、負けることはないでしょう。下がる時には大きく売り注文を出せば、それで利益を出すことも可能です。しかし、そんなことは出来ることではありません。一部のヘッジファンドなどは自分で市場を操作しつつ半ばそのようなことが出来るようにしていると言われていますが、少なくとも個人投資家で完全な予測を行うことは不可能です。

ただ、それに近いことをすることは可能です。その為に必要な情報源となるのが、インデックスチャートです。インデックスチャートというのは、様々な条件で決められた株式の値動きについてグラフにしたものです。例えば日経平均や日経225と呼ばれるものは、国内の主要上場株225社の平均株価の値動きを示しているものとなります。これを見ると、国内の株式の値動き全体を予測することが出来るようになります。

このチャートを利用し、現在の状況と同じようなグラフを辿った過去のチャートと照らし合わせると、擬似的に未来がどうなるのかを予測することができます。このような方法をパターン投資と呼びます。

Posted by admin in 日経225 | Trackback

コメントを残す

  Some XHTML allowed.